日本語教師になるには

勉学

一般に通用する資格

日本語教師になるために必要な国家資格は特になく、誰でも始めようと思えば日本語教室を開くことができます。しかし自己流で生徒を集めるのは現実には難しいでしょう。日本国内や海外で日本語教師の求人に応募する際には、日本語教育能力検定に合格していると有利です。ほとんどの求人では採用条件として、日本語教育能力検定合格もしくは、日本語教師養成講座420時間の修了が求められています。大学などで専門的に日本語教育を学んでいる方以外にとって、養成講座420時間の受講は時間的にも費用的にも相当な負担になります。仕事をしていて忙しい方は、都合がつかない場合も多いでしょう。日本語教育能力検定試験は自分のペースで勉強を進めることができ、じっくりと受験対策を立てられる点がメリットのひとつです。もちろん余裕のある方は、短期間で受験テクニックを身につけ、早期に合格することも可能です。日本語教育能力検定は国家試験ではありませんが、一般に広く通用しており、プロの日本語教師としてはぜひ取っておきたい資格です。合格率は例年20%とかなりの難関で、言語学だけでなく教育学や心理学、社会や文化についても幅広く出題されます。試験は年に1回なので、万全の準備が必要になります。リスニングや記述式の試験もあるため、専門的な対策は欠かせません。独学で合格することも不可能ではありませんが、通学講座や通信講座で勉強するのが効果的な方法と言えるでしょう。